« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月28日 (金)

続「お金ってな~に?」  注:めっちゃ子供っぽい日記です

 
 しばらく
 「お金」のこと…、
 考えたり、
 ちょっと
 勉強しようと思ったり
 しています。
 
 どちらかというと、
 「お金のなくなる世界」
 のことを。
 
 前回の日記、
 「お金ってな~に?」
 からの続きです。
 
 
 
 
 ここに予測すれば、
 あと20年もたたないうちに、
 まず、
 先進国から
 お金がなくなると思う。
 
 それは…、
 今すでにはじまっていて、
 たとえば
 給料が振込になったことや、
 電車もコンビニも
 カードで賄えていること。
 
 手に取れる現金はなくなり、
 コンピュータの中の
 数字のやりとりになる。
 
 それは…、
 お金というよりも、
 むしろ点数のやりとりに
 なるのではないか、と。
 
 
 多大な時間と、
 しんどい思いをして
 あくせく働くよりも、
 最低限の「生きる糧」が
 あればいいという
 意識が芽生えはじめる。
 
 それは…、
 高価なブランド品などへの
 関心は失せ、
 心を満足させるための
 奉仕や、
 夢を叶えるための
 過程を
 重視するようになる。
 
 
 そもそも、
 仕事が
 あまり用意されていない
 時代に突入していく。
 
 一人一台のテレビ時代は、
 巨大企業の
 ソニーや日立でさえ
 大赤字にさせている。
 
 ネット通販や
 YouTubeの躍動は、
 デパートや音楽産業に
 大打撃を与えている…。
 
 
 
 
 しかし、
 不安を煽るわけではない。
 人間は「凄い」から
 どんな困難な状況も
 乗り越えていくのだから…。
 
 
 今、
 なによりも必要なのは、
 「愛」。
 
 「お金」はいずれなくなる。

 そして、
 時代はもうすぐ変わる。 
 
 
 
 
 
 
 

 END
 

「お金ってな~に?」  注:めっちゃ子供っぽい日記です

お金ってなんですかね?

最近、そんなことをよく考えます。
 
 
 
造幣印刷所を増設して、フル稼働させれば賄えるものでしょうか?
 
各国の貨幣価値というものは、世界が決めた暗黙のルールなんでしょうか?
 
いやいや、そんなこたないでしょ(笑)
 
…幼稚な質問をスミマセンm(__)m
 
 
 
広い宇宙を探せば、お金という概念もなく、快適に暮らしている高度文明の星があるのかもしれない。
 
…誇大妄想をスミマセンm(__)m
 
 
 
今なお、アフリカやインドの貧しい人々は、お金がないためにたくさんの命を落としている。
 
裕福と思われているアメリカや日本だって、お金が原因で自殺をする人があとを絶たない。
 
 
 
もしも、
お金で解決できるのなら…、
 
でも、
お金で解決できないのなら…、
 
お金なんてないほうがいいのかな。。。
 
 
 
 
 
 
 
 

『バラク・オバマとアドルフ・ヒトラー』

オバマ大統領は、年内にイラク駐留米軍39000人を完全撤退することをホワイトハウスで発表したそうだ(バグダッドの米大使館160人を残し)。
当たり前のことかも知れないが、国の代表によってここまで世界は動き、未来に希望を持てるのかと、沸々と感じた。
カッコいいぜ、オバマ大統領!
 
 
話題を移せば、昔、気違いのような大虐殺の代表、アドルフ・ヒトラーを抱えてしまった国、ドイツ。
その後、よその国からのイメージも最悪なものだったと思う。
しかし、その過去の悪いイメージを塗り替えるかのように、現代のドイツ国家と国民性には素晴らしいものがあると、ぼくは思っている。
その理由のひとつに、昨年の世界旅行中に出会ったドイツ人のバックパッカーたちがいる。
どの人も、とても素敵でやさしかった。
 
 
ふたたび話題をアメリカに戻す。
昔、東京大空襲、またはその反対の真珠湾攻撃、アメリカと日本の激しい攻防があったが、今も仲違いしてるのかといえばあまりそうは見えない。
しかし、過去の出来事を消せず未だアメリカ人を憎んでいる人もいるが、できたならば今と未来を見つめて付き合いを再開していってほしいと思う。
 
 
はやく世界が一つの国になればいいのになぁ・・・。 
 
 
 
 
 
 
 
 

新聞配達人(笑)

Sn3e1076   Sn3e1075   Sn3e1074

 

半年振りにカンテ茶新聞が発行されました(各カンテの店頭に置かれています)。
 
多くの見ず知らずの人たちに読んでもらえること、物書きにとってこれほどうれしいことはありません。そしてこのような機会を与えてくださったオーナー井上さんに感謝!
 
今回は、『幻のカレー』と『カレーはなんでこんなにも美味しいのか?』の2作品を掲載していただきました。
 
 
 
 
夜、仕事帰りにぼくは、扇町、島之内、心斎橋とチャリを走らせた、茶新聞を持って。
 
夏にした『みらい祭り』の主催者、坂本さんは寝ていたので、奥さんに手渡してきた。
 
BAR『大阪メロン』のマスターは、笑顔でこころよく受け取ってくれた。
 
大二郎さんの『若松』は、本日貸切で忙しそうだったので、それこそポストに入れてきた。
 
持っていったのは茶新聞だけではない。
先日仕上げた、自己本制作出版社持込用の小冊子『SAMPLE OF JAN BOOK ~旅 編~』も合わせて。
 
郵送になるけど、東は東京、西は広島の友達にも届けようと思っている。
まだまだ届けたい人はたくさんいる。
 
できるなら・・・、もしできるならば、日本の裏側へ・・・。
今、中米を旅している友達にも届けたいものだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
1119085_1366898597_4large 

 

「過去はない、過去はないんやで。」

 
 夢の中に
 Mさんが出てきて
 必死に教えてくれた。
 
 
 
 
 もし…
 苦手な人がいたのなら、 
 
 きっと…
 過去に起きた
 なんらかの些細な出来事を、
 
 ずっと…
 引きずっていることが
 原因じゃないだろうか。 
 
 たぶん…
 それは間違っている。
 
 
 
 
 人は愚かな生き物だ。
 だから過ちをいっぱいする。
 
 でも人は成長をする。
 人は常々変化していく。
 
 
 
 
 もし…
 苦手な人がいたのなら、
 
 過去を見るのではなく、
 今と未来の
 その人を見た上で、
 付き合いを再開しよう◎
 
 
 
 
 
 
 
 

 あきひこ

『あ』きられない
『き』らわれない
『ひ』かれない
『こ』うそくしない
 
恋人とうまくやっていくコツです◎
 
 
 
 
…あっ、間違えました。スミマセン。本当は↓です。
昨日、写真学科の生徒さんに教えてもらった、良い写真を撮るためのポイントです!
 
『あ』アングル
『き』距離
『ひ』光
『こ』構図
  
  
1119085_1246253209_98small   
  
 
 
 
 
 
 
 
 

D・N・A

 
 食物は、
 コレすべて地球の大産物だ。
 
 カレーのスパイスしかり、
 中華の調味料にしてもそう。
 
 野菜、家畜、水産物、、、
 コレすべて、
 大自然の賜物である。
 
 そう・・・、
 ぼくらはみな、
 地球に生かされている。
 
 
 
 不思議だ。
 うちにやって来てから、
 ずっと同じキャットフードを
 食べ続けている猫の音子は、
 元気にスクスク成長してる。
 
 それに比べぼくら人間は、
 やれビタミンや、
 やれ栄養だ、
 みのもんただの、
 騒がしい。
 
 猫を見るとわかる。
 遺伝子が生態を
 導いてくれるのだ、と。
 
 
 
 人間が体に害を及ぼすのは、
 コレつまり、
 自然には存在しないモノ。
 同じく、
 人間が地球を傷つけた結果も
 自然に反して作ったモノだ。
 
 
 
 
 自然により近く
 生活をしていれば、
 地球の大地や空気や海、
 人間の細胞や遺伝子も、
 傷つくことがなかったろう。
 
 コレすべて、
 人間の猫。
 もとい、
 人間のエゴ。
 
 
 
 
 自然と共に
 生きる意思さえあれば、
 後は遺伝子が導いてくれる。
 
 じつはさ、
 『健康学』ってのも、
 それくらいシンプルかもね◎
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さよならドラゴンボール

Image

 

 

夏のある日のこと。
 
スタッフとして関わっていた野外イベント会場へ向かう途中、ぼくは、堂島川からはみ出し柵にもがいていた一匹の『緑の亀』を助けた。
日本昔話のよう、「こいつは絶対なにかいいことがある!」と見返りを欲したがためだろう。バチが当たった。
そのすぐあと、ぼくが知人から借りていた『緑のテント』が強風に飛ばされ破損し、弁償する羽目に・・・。
 

1119085_1249314903_167large

 

 

それからいろいろあってようやく解決にいたったが、自分が招いたトラブルから、10月2日から25日までの24日間、余儀なく無一文(断食もとい、断おこずかい)で過ごすことになった。
1週間ならまだしも、3週間以上の無一文は正直きつすぎる。
都心では、ちょっとした小銭がなければなかなか友達と遊ぶことができない(とか言いつつも、ぼくの家に来てもらったり、知人の家にお邪魔しに行ったりしているが)。
ほか、仕事帰りに缶チューハイを飲めなければ、カレーを食べにも行けない。職場へは、雨の日も風の日も自転車通勤だ。
 
 
 
・・・先日、うれしい誘いがあった。
ファミリー向けセダン車のカリーナで12年半、103ヶ国の地球一周の長旅を終えた「山崎達矢」さんが川西市の河川敷で主催するBBQに遊びに来ませんか、と。
なにかわからないが、BBQに参加することで、とても面白い出会いと刺激がありそうな直感がした。
来週の土曜日にあるが、行きたいけど行けない、でも行きたい・・・。
 
苦肉の果てにアレをすることにした。
もし、自分の子供が生まれたときに読んでもらいたい漫画本として、ずっと押入れの奥に大切にしまって置いた『ドラゴンボール』がある。
ネット内の古本屋を調べてみると、「超☆高価買取商品」としてだいぶ高く売れることを知ったので、今さっき佐川急便へ着払いで渡してきたところだ。
 
1119085_1354575971_65large  

 

当日のBBQ会場近くには、長さが133メートルもあり、川西の説話として伝わる「龍」をモチーフにした『ドラゴンランド』という遊具がある。
大事にしていたドラゴンボールは手放してしまったが、いつか子供が育ったときには、ドラゴンランドへ連れて行ってあげよう。漫画本なら、必要なときにまた買えばいい。
よっしゃ!山崎達矢さんの冒険談に、胸をワクワクして来週を待つ!!
 
 
 
 
 
 
■山崎達矢
http://blog.goo.ne.jp/taff38
 
■ドラゴンランド
http://www.kansai-odekake.com/hyogo-park-doragon.html

2011年10月 4日 (火)

 好きなこと。

 1119085_1347392521_110large

 
 
 
 好きなことを
 やり続けた人が、
 夢を叶えているようだ。 
 好きなことを
 やり続けてる人は、
 人生がトキメイテイル。 
 
 でも・・・、
 ぼくの好きなことは、
 ひとつに絞れない。
 
 
 
 音楽が好きだ。
 聞くこと、
 聞いてもらうこと、
 叩くこと、
 歌うこと、
 演奏してもらうこと。
 紹介すること。
 
 本が好きだ。
 書くこと、
 読むこと、
 読んでもらうこと。
 紹介すること。
 漫画も好き。
 
 映画が好きだ。
 見ること、
 見てもらうこと。
 紹介すること。
 写真も好き。
 
 人が好きだ。
 たぶん、
 好きなんだろう。
 話すこと、
 語らうこと、
 面白い話を
 聞かせてもらうこと。
 出逢うこと。
 紹介すること。
 
 どうやら、
 自分が好きなものは、
 「紹介すること」が
 好きらしい。
 
 
 
 ほかに、
 
 酒が好きだ。
 呑むこと、
 語らうこと、
 楽しむこと、
 笑うこと、
 盛りあがること。
 宴が好き。
 
 料理も好きだ。
 食べること、
 食べてもらうこと。
 調理をすること。
 
 空間が好きだ。
 演出をすること。
 デザインすること。
 アイデアを出すこと。
 
 ブッキングが好きだ。
 ライブをつくること。
 イベントをすること。
 
 どうやら、
 自分が好きなことは、
 「つくること」も
 好きらしい。
 
 
 
 自分の好きなことが
 ひとつに絞れる場所。
 
 そこは・・・、
 自分の店。
 
 
 
 まだある。
 
 旅行が好きだ。
 旅に出ること、
 旅に出てもらうこと、
 冒険をすること。
 人生も冒険だ。
 
 なによりもぼくは、
 自由が好きだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 1119085_1347392523_12large
 
人気ブログランキングへ 
 

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »