« 〔歌の種③ ~サールナート ストゥ ストゥーパ~ / 歌の種④ ~愛のうた~〕 | トップページ | いきたい。 »

2012年8月17日 (金)

絵的な連想ゲーム ~イクラとカブキの物語~


大きな耳を翼に、
サバンナの上空を飛ぶ
一頭の象がいた。

象の名は、
ザムライ。

ジパング生まれの
アフリカ育ちだ。

大失恋をしたザムライは、
高度3600メートルから
大粒の涙を一滴こぼした。
 
 
 
その涙には、
二匹の金魚が泳いでいた。

金魚の名は、
イクラとカブキ。

二匹は、
ザムライの涙から生まれた。

涙は虹色になり、
シャボン玉になった。

ザムライの涙には、
意識があった。

風に流され三日三晩、
ふわりふわりと空を漂った…。
 
 
 
四日目の朝、
東洋の島国
ジパングにたどり着いた。

シャボン玉は
地面に落ちる前に、
赤いスカートをはいた
一人の少女が
両手でそっと
包み込んでくれた…。
 
 
 
 
 
 
…それから
十数年の歳月がたった。

ザムライの涙から生まれた
イクラとカブキは、
庭に南天が咲く夫婦の家で
幸せに暮らしているらしい。


2012年06月18日








1852984405_252s_2



 
 


 
 
 
 
 
 
 

« 〔歌の種③ ~サールナート ストゥ ストゥーパ~ / 歌の種④ ~愛のうた~〕 | トップページ | いきたい。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/404608/46720428

この記事へのトラックバック一覧です: 絵的な連想ゲーム ~イクラとカブキの物語~:

« 〔歌の種③ ~サールナート ストゥ ストゥーパ~ / 歌の種④ ~愛のうた~〕 | トップページ | いきたい。 »